日本代表4-0でタイに快勝


日本代表は、香川、岡崎、久保、吉田のゴールで4-0でタイに快勝でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

スポンサーリンク




 

 

 

 

日本代表スタメン

試合終了時

試合内容は決して良いとは言えませんでした。シュート数でいえば互角の勝負でしたが、決定力の違いを見せ、香川、岡崎、久保、吉田と次々とゴールを決めていきました。

試合終了間際にはタイにPKが与えられ、失点のピンチでしたが、川島が見事にストップしてくれました。

香川が最終予選初ゴールを決め、久保は2試合連続で大活躍でした。けが人も多く、ベストの布陣を組めない中、2連勝という最高の結果を残しました。

そして本日の試合は得点を重ねて、得失点差でも優位に立つという目標も達成です。次の試合は6月なので、けが人も何人か復帰してくると思います。

今回の2試合の反省点も活かし、イラク戦も勝利してもらいたいです。

 

 

タイ分析

タイのロシアワールドカップアジア最終予選成績

1分5敗 得点3 失点15 得失点差-12

サウジアラビア 0-1 敗戦

日本 0-2 敗戦

UAE 1-3 敗戦

イラク 0-4 敗戦

オーストラリア 2-2 引き分け

サウジアラビア 0-3 敗戦

 

過去のワールドカップ予選

1998 1次予選敗退

2002 最終予選敗退

2006 2次予選敗退

2010 3次予選敗退

2014 3次予選敗退

 

アジアカップ成績

2000 グループステージ敗退

2004 グループステージ敗退

2007 グループステージ敗退

2011 予選敗退

2015 予選敗退

 

オリンピック予選

2008 2次予選敗退

2012 1次予選敗退

2016 グループステージ敗退

 

UAE戦・タイ戦日本代表

GK

西川周作(浦和レッズ)

川島永嗣(FCメス)

林彰洋(FC東京)

 

DF

酒井宏樹(マルセイユ)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

長友佑都(インテル)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン)

森重真人(FC東京)

昌子源(鹿島アントラーズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

 

MF

山口蛍(セレッソ大阪)

香川真司(ドルトムント)

清武弘嗣(セレッソ大阪)

倉田秋(ガンバ大阪)

遠藤航(浦和レッズ)

 

FW

本田圭佑(ミラン)

浅野拓磨(シュトゥットガルト)

原口元気(ヘルタ・ベルリン)

宇佐美貴史(アウクスブルク)

岡崎慎司(レスター)

久保裕也(KAAヘント)

小林悠(川崎フロンターレ)

スポンサーリンク

コメントを残す