鹿島は勝利、川崎は貴重な勝ち点 ACL第3節


ACL第3戦もJリーグ勢にとっては、過去5年はイマイチな成績が続いていますが、鹿島が勝利して、川崎も引き分けに持ち込みました。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

スポンサーリンク




 

 

最近5年のACLでのJリーグ勢第2戦

2012年 2勝2分0敗

2013年 1勝0分3敗

2014年 2勝0分2敗

2015年 1勝1分2敗

2016年 1勝2分1敗

最近5年で7勝5分8敗。3戦目になって少し勝率が上がってきましたが、まだまだ5割には届きません。2012年以外は、イマイチな成績が続いているので、そろそろ調子を上げて欲しいです。

 

鹿島アントラーズ対ブリスベンロアー

得点

鹿島:43分 鈴木、76分 植田、79分 遠藤

3-0で快勝でした。前節は敗れましたが、強いアントラーズが帰ってきましたね。

 

広州恒大対川崎フロンターレ

得点

広州:26分 アレン

川崎:95分 小林

川崎の敗戦濃厚と思いましたが、後半ロスタイムにPKを獲得し、小林が冷静に中央に決めて同点に追いつきました。

負けてしまうと、かなり厳しくなってしまうので、この引き分けは大きいですね。

 

順位表

グループE

1 鹿島 勝ち点6 得失点差+4

2 ムアントン 勝ち点5 得失点差+1

3 蔚山 勝ち点4 得失点差+4

4 ブリスベン 勝ち点1 得失点差-9

 

グループG

1 広州 勝ち点5 得失点差+7

2 水原 勝ち点5 得失点差+1

3 川崎 勝ち点3 得失点差0

4 東方 勝ち点1 得失点差-8

 

鹿島は前半戦を終えて首位に立ちました。まだ3位と勝ち点2差なので、まだまだ油断はできませんが、この戦い方を続けていけば大丈夫だと思います。

そして川崎は3分けで3位ながら、首位とまだ勝ち点2差と、挽回可能な位置につけています。次勝てば首位に立つ可能性もあるので、ホームでの広州戦は大事な試合になりそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す