鹿島アントラーズ惜しくも準優勝に終わる


クラブワールドカップ開催国枠で出場中の鹿島アントラーズ、かなり欧州チャンピオンのレアルマドリードを苦しめましたが、惜しくも敗れてしまいました。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

スポンサーリンク




 

 

準決勝

12月18日(日) 19:30

鹿島アントラーズ(開催国)対レアル・マドリード(欧州)

横浜国際総合競技場

 

鹿島アントラーズスタメン

GK 21 曽ヶ端 準
DF 3 昌子 源
DF 23 植田 直通
DF 16 山本 脩斗
DF 22 西 大伍
MF 40 小笠原 満男
MF 6 永木 亮太
MF 25 遠藤 康
MF 10 柴崎 岳
FW 8 土居 聖真
FW 33 金崎 夢生

前の試合からは、赤崎と中村に代えて、金崎と永木を起用してきました。

 

結果は

前半は9分にベンゼマのゴールで、レアルが先制。

しかし前半終了間際と後半7分の柴崎のゴールで鹿島が逆転しました。

その後は後半15分にPKを獲得し、ロナウドが決めて同点。

後半はそれ以降動かず、2-2で終えました。

延長に入ると自力に勝るレアルが、ロナウドの2ゴールで鹿島を突き放し4-2で勝利しました。

 

 

夢を見れました

たったの8分ほどですが、鹿島がレアルをリードしました。

今日の柴崎は神っていましたね。

追いつかれてもまだまだやれると思いましたが、延長に入るとレアルの質の高いサッカーにやられてしまいました。

2枚目のイエローカードが出なかったという、微妙な判定もありましたが、鹿島は十分力を出し切ったと思います。

この大会で得た賞金もうまく使って、鹿島は更なる強いチームとなってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す