香川と岡崎がチャンピオンズリーグでゴール


日本代表で先発を外れてしまった香川真司と岡崎慎司がUEFAチャンピオンズリーグでゴールを決めました。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

スポンサーリンク




 

 

香川真司(ドルトムント) 対レギワ・ワルシャワ

前半17分、18分に立て続けにゴールを決めました。32分にはアシストも決め、2ゴール1アシストで8-4の勝利に貢献しました。

これで4勝1分で首位をキープ、最終節のレアル・マドリード戦引き分け以上でグループリーグを首位突破となります。

 

岡崎慎司(レスター) 対クラブ・ブルッヘ

前半5分にいきなりの先制ゴール。その後1点を取り合って、2-1でレスターの勝利でした。

この勝利で、4勝1分で勝ち点を13に伸ばし、グループ首位を決めました。

 

 

日本代表を強くするには

日本代表を強くするには、欧州での経験が必要ですね。

特に欧州での最高舞台チャンピオンズリーグで、ゴールを決めたのは大きいです。

サウジアラビア戦でスタメンを外れた香川と岡崎がゴールを決めたことは、日本代表でのポジション争いにも影響があると思います。

大迫や清武もうかうかとしていられないので、お互い高め合って最高の状態で3月の最終予選を迎えてもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す